【 定番ボーダーアイテムもfoufouでマンネリ脱却!】いま着たいバスクシャツ特集

【 定番ボーダーアイテムもfoufouでマンネリ脱却!】いま着たいバスクシャツ特集

アウター要らずで快適なこの季節、ドライブや街散策も楽しい季節ですね。

そんな初夏に着たくなる定番ボーダーアイテムやバスクシャツコーデをアップデートしてみました。

foufouのこだわりがぎゅっと詰まったバスクシャツを着こなす、あずみ店長の小物使いも、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

まずはこれだね!王道ボーダーデニムコーデ

 

THE定番な「ボーダー×デニム」もfoufouならではの長めカフスがコーディネートのポイントに。

denim “CHAI”」のワイドなシルエットとコンパクトなバスクシャツの組み合わせは、楽ちんながらも小慣れた印象です。

 

心にギャルを!ルーズで淡めが今年の気分

懐かしい90年代のダメージ加工入りハイウォッシュなデニムを今風に落とし込んだ、denim "sam"。ボーダーを合わせると、ルーズな雰囲気の中にfoufouらしい品も加わって1ランク上の今らしいコーディネートに。

 

 

大人な印象に。ダークボーダーコーデ

 

foufouの定番デニム「best friend」は、 ハイウエストで細身なサイズ感。白のステッチが品よくスタイリッシュで、脚長効果も抜群です。foufouならではのエスプリの効いたカフスで単調なボーダーの印象に遊び心をプラス。こだわりの革小物でクラス感のある大人のボーダーコーデを意識してみて。

 

一枚あればこんなに気回せる!変幻自在の白バスクコーデ

I.白バスク×ミリタリー

カジュアルな印象が強くなりがちなミリタリーパンツも、foufouのバスクシャツなら綺麗めな印象をプラスできます。「linen gurkha pants」の美しいツヤ感とあいまって、お仕事先でも着やすい綺麗目カジュアルな雰囲気です。

 

II.白バスク×ジャンスカ

大人気の「【THE DRESS#16】no-sleeve velour one piece 」をはじめ、着心地抜群の「cardboard jumper skirt」、綺麗目な雰囲気の 「2way toro jumper skirt」など、素材感の違うジャンパースカートたちとも合わせてみました。

綺麗目からカジュアルまで、合わせるアイテムの生地感を選ばない白バスクは、きっとあなたのお気に入りの1着にも寄り添ってくれるはず。

 

赤いボーダーは勇気がいるよね、というあなたへ

上級者なイメージで難しいと躊躇する方も多い、赤ボーダーや白パンツ。

実は、王道マリンコーデに寄せると難しいイメージの赤は日常でも挑戦しやすくなりますよ。もちろん定番のマリンパンツに合わせても。グランマベルトのバックルがアクセントになって大人な雰囲気も演出できます。foufouのバスクシャツは赤の割合がカフスの白で少し中和されているので、赤ボーダー初心者さんでもチャレンジし易いはず。

baker pantsclassic marine pants

 

とっておきの日は、可憐なボーダーコーデ

 

ボーイッシュな印象になりがちなボーダーも、たっぷりフレアスカートに合わせると女性らしさが出せます。ポリエステル素材で軽やかなhigh twist washer gurkha skirtは速乾性が高く、撥水加工も施されているので雨の日にもおすすめです。爽やかな印象をまとって海辺のデートにも。

 

着回しの効くボーダーアイテムは、普段使いの頼もしい1着になること間違いなしですね。 今までバスクシャツや、ボーダーは苦手という方でも「foufouのボーダーならカジュアルになりすぎずに着易い!」と驚かれる、隠れた人気アイテムです。

この機会に、祐天寺の直営店 the boutique へも、お気に入りのコーディネートを見つけにいらして下さいね。

 

あわせて、バスクシャツを深掘りしたこちらの記事もご覧ください。

foufouのbasque shirt 特集!

 

----

the boutique は foufou の直営店です。

・店舗詳細は こちら 

・在庫状況は こちら (オンラインストアと在庫状況は異なります。)

 

 

ブログに戻る